Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/users/1/loworks-inc/web/relation-magazine/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 971
高級感漂うオーガニックなブランディング事例:MANOS DE CACAO | Relation Magazine

高級感漂うオーガニックなブランディング事例:MANOS DE CACAO

メキシコのメキシコシティ、モンテレイを拠点とし、日本では目黒区青葉台事務所を構えるクリエイティブスタジオ「Anagrama」。様々なクライアントの依頼を受け、数多くのブランディングを行っている。今回はそんな彼らが手がけた本格派の本格派の豆とチョコレートブランドのブランドManos de Cacaoのブランディングをご紹介。

オーガニックなブランドアイデンティの確立

ロゴは異なる2つの幅の書体で構成されている。シンプルで高級感があり、かつ印象に残るロゴ。

耕運機から包装業者まで、マノスデカカオのチョコレートの制作工程では手作業が重要で、すべてのプロセスに強く関連していることから、アイコンは手の要素を強く強調している。マノスデカカオの物語を表現しているシンボルとなっている。

パッケージはエッジの強調された箱を使用し、抽象的なチョコレートのグラフィックをプリント。それぞれのグラフィックにも手作業的要素が垣間見える。その上に商品の内容が表示されている白のステッカーが貼ってあり、一番最後の工程でロゴやマーク部分に金色の箔押しをほどこしている。手作業など多くの工程を経てつくられているチョコレートのこだわりがパッケージにも反映されている。

Back Number