Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/users/1/loworks-inc/web/relation-magazine/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 971
AirPodsを片方なくしたときの探し方、対処法 | Relation Magazine

AirPodsを片方なくしたときの探し方、対処法

音楽やビデオの再生も、電話に出る時も、すべてワイヤレスで操作できる、一度使ったらもう手放せない生活必需品のAirPods。そんな大事なAirPodsがもし片方だけ噴出してしまったら!?
見つかるの??どうやって??結局買うの?今回はそんな時の探し方〜対処法、片方だけをなくした場合の注意点などを解説、また発売が噂されているAirPods2の情報もご紹介します。

AirPodsをなくす前にやっておいた方がいい設定

AirPodsをなくしたときにはiPhoneのアプリ「iPhoneを探す」で探すことが可能なので、その設定をしておきましょう。

  1. まず、AirPodsとペアリングしているiPhoneのホーム画面を表示します。
  2. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」の順にタップします。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」の順に選択します。
  3. 下の方までスクロールして、「iPhone を探す」をタップします。
  4. 「iPhone を探す」と「最後の位置情報を送信」をスライドさせてオンにします。
  5. 「iPhoneを探す」アプリを立ち上げ、自分のデバイスという欄にAirPodsの名前がでていることを確認してください。

AirPodsをなくしてしまった時にまずは探してみる

大事に無くさないように使っていたはずのAirPods。なぜかなくしてしまった。。。そんな時はまず探しましょう!
「iPhoneを探す」アプリを立ち上げます。前項のようにきちんと設定が完了した状態だと自分のデバイスという欄にAirPodsの名前がでているはずです。この位置にAirPodがあるはずです。、、、ね?
まずは行って探してみましょう。見つかった人は幸せです。今度はなくさないように気をつけて快適なAirPods生活を送りましょう。その場になかった人は、さらにサウンドを流すことができます。地図上のAirPodsアイコンをクリック。そうすると画面下にサウンドを再生というボタンが現れます。早速クリックして再生してみましょう。なくしたAirPodsがオンラインの場合はサウンドが流れます。見つかった人は幸せです。

なくしたAirPodsがオフラインのときは?

サウンドを再生、ロード中のアイコンがぐるぐる、、、サウンドが再生されない場合、これはbluetoothの範囲内にAirPodsがない、すなわちオフラインということです。
あれ?位置は確実にここを示している。なのにここでは見つからない。
アップルに問い合わせをしてみました。

・この「iPhoneを探す」の位置表示は最後にAirPodsが有効になっていた場所を示しており、今のAirPodの位置を示しているというわけではありません。
・この「iPhoneを探す」の機能は部屋の中などで見つからない場合を想定しており、外出中などで噴出した場合は想定しておりません。

との回答をいただいた。たしかにアップルのウェブサイトにも地図上で AirPods の横に灰色の丸印が表示される場合、音を鳴らして探すことはできないとの記載がある。実際のところ、この機能は最後に使用した位置を示す機能ということのようです。

「iPhoneを探す」アプリが有効な場合

使用中に片方の耳からAirPodsが落ちてしまった場合などはサウンドを再生機能が役に立ちますし、最後にAirPodsを使用した場所が思い出せない場合などはとても有効です。

「iPhoneを探す」アプリが役に立たない場合

使用中以外の自分の気づかない時にAirPodsが噴出してしまい、どこでなくしたかわからないという場合には、「iPhoneを探す」アプリはあまり役には立ちません。

AirPodsを片方なくした場合は注意が必要!

AirPodsを片方だけなくして、もう片方手元にある場合は注意が必要です。「iPhoneを探す」アプリは最後にオンラインになった場所を示す機能です。そのため、手元にある方を有効にする度に位置は上書きされてしまいます。片方なくした場合は手元にある方を有効にせずに「iPhoneを探す」アプリを利用しましょう。

なくしたAirPodsが見つからない場合の対処法、パーツの価格

見つからない場合は再度購入するしかないようです。アップルケアなどの保証期間内であっても無償交換の対象にはならずに、価格はアップルケアに加入していないユーザーと同じになります。

モデル バッテリーサービス 保証対象外修理サービス料金 紛失
AirPods 5,800 円 (片方) 7,800 円 (片方) 7,800 円 (片方)
充電ケース 5,800 円 7,800 円 7,800 円

さらにパーツのみなくした場合は、なくしたパーツのみをオンラインのアップルストアで購入することができませんので、店舗実際に足を運んで購入する必要があります。最寄りのアップルストアもしくは正規販売代理店にまずは予約して、指定の日時に身分証と念のため購入時のレシートなどを持参して伺うようにしましょう。またAmazonや楽天などでも片方、充電器などのパーツのみの購入が可能です。しかしながらアップルストア以外では手数料がかかる場合があるようで少し割高となっています。近くにアップルストアがなく、お急ぎの場合はこちらの利用も検討ください。

AirPods2の新機能、AirPodsとの違いは?発売日はいつ?

AirPods2の予想される新機能

・「Hey Siri!」に対応
・ワイヤレス充電への対応
・1回の充電での再生時間が伸びる
・音質の向上
・防水性能の搭載
・健康管理機能への対応
・Appleの新型チップ「W2チップ」の搭載

発売日はいつ

2019年現在ではAirPodsが発売されて2年が経過していますので2019年内には発売される可能性が高いです。

以上、AirPodsの探し方〜対処法、AirPods2の情報などのご紹介でした。今や生活必需品ともいえるAirPods。とにかく第一はなくさないこと。大事に使い、快適なAirPodsライフを送りましょう。

Back Number